病院のご案内

ホーム  >  病院のご案内  >  臨床工学技士の業務紹介

臨床工学技士の業務紹介

臨床工学技士 主任 佐久間秀幸
  • 臨床工学技士とは、医師の指示の下に「生命維持管理装置」の操作や保守点検を行います。
  • 医療チームの一員として、医師をはじめその他の医療従事者と密に連携し、生命維持をサポートします。
  • 医療機器安全管理や院内感染対策等の安全対策に努めております。

わかりやすく申し上げると、治療上必要な医療機器(人工心肺、輸液ポンプ、除細動器、人工呼吸器、心電図モニター、透析監視装置など)のメンテナンスから操作までの重要な業務を担っております。但し、我々は機械とも向き合いますが、何よりも患者さまと向き合い日々の業務を行っております。

当院におきましては、透析医療に特化したクリニックであり、日々患者さまに安心で安全な透析医療を受けて頂けるように、「透析用水の水質管理」「透析液濃度管理」「使用する材料(ダイアライザーや血液回路)」などの管理を行っており、日々外部研修や院内研修、法人グループでの情報交換を行い教育体制も充実させ、最新で安全な医療提供のサポートに努めております。
また災害対策に対しても積極的に学び「災害に備える」意識も高めております。

そして、患者さまと接する穿刺から透析の開始、返血から透析終了と患者さまにも寄り添える臨床工学技士を目指しているところです。

臨床工学技士 主任
佐久間秀幸

  • 埼友会HPへ
  • 医山会HPへ
  • メディトピアHPへ