病院のご案内

ホーム  >  病院のご案内  >  透析のご案内  >  食事療法について

食事療法について

患者さまにとって、もっと身近な存在でありたい

食事療法には、腎不全(透析)、糖尿病、脂質異常症などそれぞれの疾患に対して食事療法マニュアルが存在します。しかし、患者さま一人ひとりにそのマニュアルが適切かどうか?と言われると全てがそうとはいえません。

私たち管理栄養士は、患者さまそれぞれの「ライフスタイル」「処方薬」「検査データ」「体調」「嗜好」など多方面からの情報と患者さまとの会話をもとに、医師や看護師をはじめ他のスタッフと連携し「患者さま一人ひとり」に適した、安心で安全な「治療食」「入院食」の提供、「栄養管理」「栄養相談」「栄養指導」に努めております。

「あれもこれも食べてはいけない・・・」そう指導され、認識されている患者さまが多くいらっしゃるのが現実ですが、非常に残念に思います。もちろん食事療法は疾病に対する治療の一部なので、何でも好きなものを自由に食して良いわけではありませんが、正しい理解があれば「これしか食べてはいけない」ではなく「これくらいなら食べても良い」と逆の考え方ひとつで、病気と向き合い、食事を楽しんで頂けると思っております。

「これしか食べてはいけない」ではなく、
「このくらいなら食べて良い」を一緒に考え、食事を楽しんで頂きたい…

栄養指導
通院・入院患者さまの治療にあたり食事療法が必要な方に対し、食生活改善や栄養評価などを個別に管理栄養士が様々な資料などを使いわかりやすく説明させていただきます。(健康保険適応)

※ご家庭でお食事を作るご家族の方も、是非一緒にお話をして聞いていただけたらと考えております。

栄養指導は医師の指示のもと実施されますので、診察時にお気軽に医師へご相談ください。

※当院透析患者さまに対する個別栄養指導実施率は95%(H26.8.31現在)

管理栄養士 川上真由美

患者さまのお話をたくさん伺い、共に信頼関係を築き、患者さまに適したお食事の提供、栄養管理全般を目指しておりますので宜しくお願い致します。

管理栄養士
川上真由美

  • 埼友会HPへ
  • 医山会HPへ
  • メディトピアHPへ